ハイドロキノンの副作用について

ハイドロキノンは白斑に注意

効果の高い美白効果があるハイドロキノンは、肌を美しい状態にする効き目をもたらしてくれます。
ただしハイドロキノンは、肌の漂白剤という別名もあり、深刻な副作用を引き起こす恐れがあるのです。
ハイドロキノンの濃度が高ければ高いほど、美白効果が相当にあるのですが、それと共にいろいろなリスクがつきまとうのです。
白斑といったトラブルも副作用の一種ですが、これは肌が部分的に白く変化してしまうことを指します。
シミ解消を目指してハイドロキノンを塗りこんだのに、かえって白い斑点が生成されてしまい、肌に深刻なダメージを負うという事態にも陥りかねません。
さらに、肌は白い状態になるものの、色素沈着が起こり、本来の肌の色までなくなり顔色が悪くなってしまうこともあります。
また、ハイドロキノンを塗ったことでアレルギーを持つ人は赤みを生じて、かぶれを引き起こす可能性もあるでしょう。
もっと酷い場合は、皮膚炎を生じてしまう可能性もあります。
薬物刺激の影響による少しの刺激なら大騒ぎしないでもいいのですが、かゆみがつらい場合は心配です。
そのうえ妊娠中に塗布することは、実験報告はないのですが、おすすめできません。
それから、ハイドロキノンは光や熱に強くないという性質があります。
日光にさらされない涼しい場所や冷蔵庫に保管して使用しましょう。
そのうえ、紫外線を過剰に浴びるとかえってシミやそばかすができやすくなるので、UV対策をきっちりと行って日焼け止めなどをこまめに塗る習慣をつけましょう。
皮膚科医や薬剤師に尋ねたり、化粧品であればパッチテストを先にやれば、副作用の危険性は少なくなるでしょう。

ハイドロキノン化粧品を使う手順

ハイドロキノンは、強い美白効果を持った成分ですが、その反面、使い方をきちんとしないと副作用を伴う物質でもあります。
リスクを少なくするために、ハイドロキノンの特徴をしっかり把握してから用いましょう。
はじめに、ハイドロキノンだけ扱うという際には、洗顔をして肌に付着した汚れを落としましょう。
メイクしている場合は、メイクをちゃんと取ってから洗顔クリームで洗浄します。
加えて、いつも通りに基礎化粧品を使って、肌のメンテナンスをします。
このあとハイドロキノンを利用しますが、シミやそばかすなど悩みとなっている部分に薄く引き伸ばすように塗り込みます。
ハイドロキノンは熱や光に対する耐性がないので、日があるうちにつける場合は紫外線対策をちゃんとしなければいけません。
ハイドロキノンが紫外線を浴びると皮膚へのダメージが激しくなり、肌トラブルに発展する恐れがあります。
日焼け止めクリームをまんべんなく塗布するなどの工夫をし肌に害が及ばないようにしましょう。
ハイドロキノンを昼間のうちにつけたときは、入浴後にきちんと洗顔して取り去りましょう。
それと、入浴時に使用した時は、起床時にしっかり洗い流しましょう。
長時間塗ったままでいると肌にダメージを与えてしまうので、洗い残しのないよう気を付けましょう。
なおかつ、ハイドロキノンは、酸化が起こりやすくて変色もすることが知られています。
つまり、容器はちゃんと密封して、冷暗所や冷蔵庫に入れておくことをおすすめします。
そして、2か月ほどで酸化が進んでしまうため、それが過ぎたら使うのは控えたほうがいいでしょう。
それまでに全部使うか、使うのが無理なときは捨てて新品を買い求めましょう。

更新履歴